読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

娘が中古のゲームショップにてPS2を購入したのですが

娘が中古のゲームショップにてPS2を購入したのですが、「他のシリーズはすべて読み込むのに、このソフトだけ読み込まない」と言っています。 こんにちは。 先月、娘が長年愛用していたPS2が故障してしまい、ネットオークションにてゲーム機を出品したところ、本体の故障の中、箱・取扱い説明書・付属品等のすべてが未使用品に等しかった為か、結構良い金額で落札されました。 その落札額を足しにて、近くのリサイクルショップにてPS2を新たに購入して、再び、楽しんでおりますが、娘がゲームを使用としたところ、いつものゲームが起動し無いというので、詳しい方に教えていただきたく存じます。 娘は、基本的には電車でGO!シリーズとトレインシミュレーターを専門に楽しんでおります。その中で、トレインシミュレーター�

��「京成線・浅草線・京急線編」と言われるソフトをプレイしようとすると、ゲームができないといいます。 これは、何が原因しているのでしょうか!?。 品番を見てみると、以前使っていた品番のHDDがないタイプのやつだそうです。 お詳しい方、教えてください。

以下Wiki転載 ・本体の製品型番がSCPH-30000番台のPlayStation 2では本体の特性上2層ディスクの読み込み不良がとても多い為、2層ディスクを採用した今作及びTrain Simulator 九州新幹線ではフリーズやディスク読み込み不良等の不具合が出る事が多いので注意が必要である。 だそうです。この他にもPS2の本体及びソフトで対応非対応があるものがあるので、購入前に一度調べておくことをオススメします。

古いスキーブーツが よく白い粉をふいたようになっているのをヤフオク等で見かけますがなぜ白くなるのでしょうか? また、ヤフオクの説明を読むと、あまり使用頻度が少ないブーツでも白くなっているブーツもありますし、 長年使った使用頻度が多いブーツでもきれいなツヤツヤが残っている物もあります。 この差はなぜ生じるのでしょうか?

白くなっているのはシェルの素材であるポリウレタンが経年により加水分解しているからです。ブーツメーカーが5年以上経過したブーツは破損する可能性がありますと告示しているのは、この加水分解が理由です。よって、白く粉を吹いているようなブーツは寿命が来ているのですからお買いになってはいけません。 使用頻度の少ないブーツでも白くなったり、経年期間が長いブーツでもなっていないのは二つ理由があります。一つはシェルのプラスチック素材の違いであり、二つは、手入れ・保管方法の違いです。先ず、素材です。先に述べたようシェルの素材は、ポリウレタンが主流です。ただ、このポリウレタンにもエステル系ポリウレタンとエーテル系ポリウレタンがあり、エーテル系のほうがエステル系よりも加水分解しにく�

��ので差が出ます。しかし、その差はあまり大きくなく2~3年程度です。差が大きいのはジュニア用ブーツ、初心者用ブーツに用いられてるポリエチレンです。こちらは、まったくと言っていいほど加水分解しません。従って、10年経過しても20年経過してもツヤツヤです。4点セット3万円とかで売っているブーツは、このポリエチレン素材が多いです。ポリエチレンは、加水分解には強いのですが硬度が上げられないのでジュニア用、初心者用のブーツにしか使えないのです。古いのにツヤツヤというブーツは、ポリエチレン素材の可能性が大です。 二つ目の手入れ・保管は、加水分解を遅らせるために水分とできるだけ接触させないようにすることです。滑り終わったら乾いた布で丁寧に水分をふき取り、帰宅したらインナー�

��インナーソールを抜いて通気のよいところでしっかり乾かし、乾燥剤とともに保管して加水分解を少しでも遅らせると白くなるのも遅らせることができます。